安い 車両保険

消費税の引き上げによる自動車保険への影響

自動車保険や生命保険などの保険料は、税法上非課税とされているため消費税の対象とはなっていません。したがって税率の引き上げが行われたとしても他の商品などのように直接的な影響はないように思われます。しかし、現実的には税率が引き上げられることによって、自動車保険に関しても保険料の値上げなどの影響を受けることが高い確率で起こることが予想されています。

 

保険を取り扱う会社の収益のほとんどは、加入者が支払っている保険料が占めています。その収益の中から保険の代理店に支払う手数料や店舗のテナント料を支払っていくわけですが、この経費に関しては仕入税額控除の対象とはならないために税率が引き上げられることで消費税として国に納める額の負担が大きくなってしまうのです。

 

また、税率の引き上げに伴って自動車の修理費や代理店に支払う手数料の値上がりも予想されるため、保険会社側としても大きくなった負担分を軽減するために保険料の値上げに踏み切らざるを得ません。税率の引き上げによって保険料の値上げをする保険会社は増えるのではないでしょうか。
ダイレクト型の自動車保険の場合、代理店へ支払う手数料や店舗のテナント料が必要ない分、税率の引き上げが行われたとしても代理店型の保険よりもその影響を受けにくく、保険料の安さという点で現状よりもはっきりとした差が現れてくるかもしれません。

証券管理の面でも注目の自動車保険の証券省略割引

自動車保険は様々な特約と割引があるものですが、ネットならではのものとして証券省略割引があります。
これはダイレクト型保険の特徴でもあり、保険証券を発行しない代わりに割引を実施するという特約の一種です。
年間で500円、月に換算して数十円と経済的メリットは他の割引制度の額と比べても小さいものですが、事務手数分の還元という意味合いに加えて証券の管理という面でみると割引額と同じぐらいのメリットがあります。

 

万一の事故の際に保険金の請求が発生すると、必要になるのが保険証券です。
従来の証券であれば、整理次第ですぐに出せないこともあり、紛失の危険性もあります。
その点、証券をネットで管理することにより、いざという時も引き出しやすくなります。

 

パスワードなどの管理は必要になりますが、事故の際にスマホから証券の番号をチェックできるのは大きなメリットです。
エコ的な面もありますが、管理の手間でみると、証券省略割引は違う見方もあるのです。

 

保険会社によってはE割引というネーミングで呼ばれていますが、内容は同じです。
割引額も概ね500円前後で、他の割引制度を併用できます。
ダイレクト型の自動車保険ならではの割引ですが、証券管理の面でも利用価値の高いものです。

車を乗り換えるときの自動車保険への連絡法

自動車保険は自動車に対してかけるものですから、自動車を乗り換えるときは連絡する必要があります。また、保険料は自動車の種類によって変わってきますので正しい保険料を支払うことができなくなってしまいます。

自動車保険を変えることが決まったときは、すぐに保険会社または代理店に連絡をします。このときに保険会社の人から車に関する情報を求められますが、その情報がどこに書かれているか知らない人がほとんどです。ですから、最も間違いがなく簡便な方法は車検証のコピーをFAXすることです。車検証には自動車保険に必要な情報がすべて記載されています。それさえあるなら問題なくすぐに保険の切り替えができます。

そのほかに注意することは保険会社に連絡がきちんと伝わっているかを確認することです。繰り返しになりますが、保険は自動車に対してかけていますので自動車が変わったのにその手続きがなされていないなら保険を契約していることにはなりません。

実は、ほとんどの保険会社の契約で自動車の乗り換え手続きの期間は一週間ほどの猶予が設定されています。つまり、車を変えてから一週間以内に連絡をすればよいことになっているのです。ですから、車を変えて一週間以内の事故であるならきちんと保険が支払われます。ですが、やはり無用のトラブルを避けるためには速やかに連絡をするのが賢明な対応です。

自分の愛車の査定金額が一目でわかるのは中古車査定の一括見積もり!数社で比較して一番高額なところとの金額の差にビックリするときもありますよ!

安い車両保険はネットで簡単に見つかる!業者の一括見積もりはこちらエントリー